TACTIVE -Active Table Tennis-

シューズ選びのポイント

フットワークを向上させるにはトレーニングをして鍛えることも大切ですが、卓球シューズも重要な要素のひとつです。様々なメーカーが販売している卓球シューズは種類が豊富なため、自分に合ったシューズを選ぶのは難しいものです。
そこで、こちらでは、自分に合ったシューズを選ぶコツをご紹介します。卓球をしている方も、これから卓球スクールに通ってみようとお考えの方も是非お役立て下さい。

自分の足に最適なシューズの選び方

つま先

シューズを選ぶ際に多くの方が気にするのがつま先です。卓球は左右前後と激しく動くスポーツのため、つま先はピッタリと合わせるのではなく、1cm程度の余裕があったほうが良いでしょう。つま先にゆとりがないシューズで卓球を続けると、痛みが出るだけでなく内反小趾や外反母趾などに繋がってしまう可能性がありますので注意が必要です。

かかと

つま先と違いかかとの場合は、隙間がないピッタリサイズがおすすめです。かかとに隙間があると、シューズが脱げてしまう可能性がありますので注意しましょう。

足の甲

足の甲もつま先と同じように、ある程度のゆとりがあるシューズを選ぶのがポイントです。足の指を動かしてゆとりがあるかを確認し、もしブカブカと感じたら、中敷きを敷いて調整していきましょう。

目的に合ったシューズを選ぶ

フットワークを軽くしたい

卓球シューズは軽量化されているものが数多くあります。そのため、フットワークを軽くしたい方は、素足に近い感覚のシューズを選ぶのがポイントです。出来るだけ軽いシューズを見つけることが出来れば、俊敏な動きが可能になるため、パフォーマンスを向上させることが出来ます。

足への負担を減らしたい

足への負担を減らしたい方は、クッション性を重視してシューズを選びましょう。クッション性の高いシューズは、足に優しくとても疲れにくいです。軽量化されているシューズに比べると重くなりますが、足への負担は軽減されるため、足を痛めやすい方などにおすすめです。

東京で卓球スクールをお探しの方はいませんか?
TACTIVEでは、東京都の自由が丘と町田市で卓球スクールを行っています。プライベートレッスンやグループレッスンなど様々なレッスンを行っており、ラリー体験や選手イベントなども行っています。目黒区や世田谷区からは田園都市線を利用される方も多く、川崎市からもアクセスしやすくなっていますので、東京周辺で健康のために卓球を始めたい方は是非ご利用下さい。

ページの上に戻る