TACTIVE -Active Table Tennis-

ラケットのお手入れ方法

ラケットのお手入れ方法

ラケットを何度も使用していると、どうしてもラバー部分に汚れが付着してきます。ラケットの中でも特にラバーは繊細でしっかりお手入れをしていないと、ドライブの回転がかかりにくくなり、弾みがなくなってしまいます。
「サーブがうまくかからない」「ドライブが入らなくなってしまった」と悩んでいる方は、ラケットのお手入れをしてみましょう。

お手入れを行う頻度

ラケットのお手入れは「練習後」や「試合後」に行うようにしましょう。定期的にラケットのお手入れをすることで、ラケットの寿命をのばすことが出来ます。しかし、ラバーは水分に弱いため、一日に何度もお手入れをすると、逆に寿命を縮めてしまうので注意しましょう。TACTIVEで卓球レッスンを行った後も、ラケットのお手入れは欠かさないようにしましょう。

ラバーのお手入れ方法

裏ソフトラバー

裏ソフトラバーをお手入れする際は、泡タイプのクリーナーを使用します。ラバーにクリーナーをつけて、拭き取り専用のスポンジで全体に伸ばし、汚れを落としていきます。この際、クリーナーをつけ過ぎてしまうとラバーを傷めてしまう可能性がありますので、卓球ボール半分くらいの大きさを目安に使用しましょう。
泡が完全になくなったら乾燥させ、保護シートを貼って終了です。

表ソフトラバー

表ソフトラバーをお手入れする際は、ミストタイプまたはスプレータイプのクリーナーを使用します。ラバーにクリーナーをつけて、軽くこすりながら拭き取っていきます。この時、力を入れ過ぎてしまうと損傷させてしまう可能性がありますので注意しましょう。
また、一日一回、専用のブラシを使用して、粒の間に付着したホコリなどを取り除くこともポイントです。その際も力の入れすぎには注意しましょう。

ラケットの保護

卓球のラケットは損傷しやすいです。特に初心者の方は、ラケットをぶつけてしまうことがよくありますので、ストライプガードを使用してラケットの周りを保護しておきましょう。また、持ち運ぶ際も裸ではなく、スプリードケースなどに入れ、傷がつかないようにしましょう。

ラケットは大切な道具です。少しでも長持ちさせるためにも、卓球レッスンを受けた後はしっかりとお手入れを行いましょう。

東京で卓球レッスンを受けるなら、是非TACTIVEをご利用下さい。
プライベートレッスンや定員制のグループレッスン、トレーニングパートナーなど、レッスン内容も充実しており、ラリー体験や各種イベントも行っています。
自由が丘と町田市に店舗があるTACTIVEは、田園都市線でのアクセスが良いため、目黒区や世田谷区といった東京都の方だけでなく、川崎市にお住まいの方にも通いやすくなっています。東京で卓球を上達させたいとお考えの方は、是非TACTIVEの卓球レッスンをお試し下さい。

ページの上に戻る