TACTIVE -Active Table Tennis-

卓球に役立つスキル(フットワーク)

卓球に役立つスキル(フットワーク)

フットワークは、卓球レッスンで重要視されているプログラムのひとつです。卓球のフットワークは「三歩動」が基本で、三歩道とは動く方向の足を踏み出してから動くことです。動きやすいだけでなく、疲れにくく、リズミカルに動くことが出来るメリットがあります。それをふまえた上で、フットワーク練習の重要性やフットワークが上手くなる3つのポイントについてご紹介します。

フットワークのスキルを高める重要性

フットワークは、卓球においてどの戦型でも用いられる足の動きのことです。そのため、攻撃でも守りでもフットワークの良さが重視されます。フットワークのスキルを強化することで、今までは速くて届かなかったような球に届くようになり、理想的なフォームで球を打ち返せるようにもなります。

フットワークが上手くなる3つのポイント

重心は低く・スタンスは広く

フットワークのコツは、重心を低くしスタンスを広めにすることです。重心が高い位置にあると体の軸がブレやすくなってしまうので、速い動きでも軸がブレにくい低重心が基本です。また、スタンスの広さもブレに影響する大きなポイントですので、広めのスタンスを意識するようにして下さい。

つま先で足を運ぶ

足裏全体を床につけた「ベタ足」でいると、素早く動くことが難しくなります。ベタ足のクセがついている方は、フットワークはつま先で行うことを心がけてみて下さい。動きが素早くなり、細かいステップも出来るようになります。

上下運動を少なく

上下運動が大きいと、「打球が安定しにくい」「俊敏な動きが出来ない」といった要因になります。上下運動を少なくするなら、前傾姿勢で足を滑らせるようなイメージでフットワークの卓球レッスンをしてみて下さい。一人で行う個人レッスンでは、正しいフォームが出来ているかチェックするために、カメラなどを利用すると良いでしょう。

卓球レッスンで基本のフットワークから学ぶなら、TACTIVEへお越し下さい。豊富なレッスンメニューの中から、その方のスキルや目標に合わせてオリジナルのプログラムを作成します。小学1年生から通えるジュニア卓球教室をはじめ、幅広い年齢を対象にレッスンを行っています。体調不良などの欠席は、調整の上で振替日を設定いたしますので、レッスン料金をムダにすることなく学べます。

ページの上に戻る