TACTIVE -Active Table Tennis-

基本の構え方

卓球を上達するには、基本の構え方を身につけることが大切です。こちらでは、卓球を始めたばかりの方に向けて、卓球スクールのTACTIVEが『基本の構え方』について解説いたします。

基本姿勢

卓球の基本姿勢は、車で例えるとギアがニュートラルに入っている状態です。ニュートラルに入っていれば、ドライブにもバックにもすぐにギアをチェンジすることが出来ます。
卓球では相手のボールを待つとき、どのようなボールがきてもすぐに対応出来るような姿勢である必要があります。基本姿勢は各打法によって異なり、決まったスタイルがあるわけではありませんが、極端にスタンスが広かったり、狭かったりするとボールへの反応速度が落ちてしまいます。そのため、力が入り過ぎず、どんな球でもすぐに反応出来る姿勢を身につけることが大切です。

基本的な構え方

グリップはゆるく握り、肩や肘などは力を入れ過ぎず、リラックスした状態にしましょう。ラケットは胸の高さに持ち、ラケットの側面が正面から見えるようにします。足は肩幅よりも少し広げて、膝は軽く曲げます。また、背筋は起こし過ぎないようにすることも大切です。
この構えを基本として、自分のスタイルを確立していきます。卓球スクールのTACTIVEでは、正確な姿勢の指導も行っています。

球を打ったら素早く基本の構え方に戻る!

上達したい方の中には、ボールを打つ練習ばかりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ボールを打つ練習も大切ですが、さらに上を目指すのであれば「戻り」を意識した練習をする必要があります。
戻りとは、「球を打ったら素早く基本の構え方に戻る」ことです。戻りが速くなると、どのような球がきているのかの判断が早くなり、余裕を持って打ち返すことが出来ます。戻りを身につけることが出来れば、動きがそれほど速くなくても、様々な球を打ち返すことが可能になります。なかなか上達しなくてお悩みの方は、一度戻りを意識して練習してみてはいかがでしょうか。

東京で卓球スクールをお探しの方は、ジュニア教室からマンツーマンの個人レッスンまで、様々なレッスンプログラムをご用意しているTACTIVEを是非ご利用下さい。プロ選手を招待したイベントやキャンペーンも行っており、料金も利用しやすい設定になっています。卓球に少しでも興味をお持ちの方は、是非TACTIVEにお越し下さい!

ページの上に戻る